IMG_4299.jpg

 

IMG_3998.jpg

 

IMG_4220.jpg

 

こんにちは!北原 菜穂です!!

 

雨が降って肌寒い日や、エアコンがっつりの室内で過ごす日こそ

theory luxe(セオリーリュクス)のシャツチュニックがおすすめでございます。

 

程よいハリのあるコットン100%のポプリンシャツ素材。

しなやかで程よく光沢がある高級感のあるお素材です。

 

リラックスして着ていただけるオーバーサイズのシルエット。

身体のラインを拾わず、すっきり縦長に見せてくれます。

 

前後差のある着丈が今っぽい雰囲気に。

サイドには深いスリットが入っており、ボトム合わせがしやすいデザインです。

ワイドでもスキニーでも、スカートだったらインしても◎

 

後ろ襟は抜けたデザインにギャザーが入っています。

ただ着るだけで抜き襟完成で、女性らしく着ていただけますよ。

 

基本の白シャツにはカラーボトムや柄を合わせたり、

カラーシャツはシンプルに、ワントーンでのコーディネートも素敵です。

 

IMG_4294.jpg

 

IMG_4289.jpg

theory luxe(セオリーリュクス) Extra Light Poplin Jolli

32,000円+税

綿 100%

手洗い可

胸囲 110cm、着丈 80~84cm、裄丈 78.5cm

size 40

color SAND

スタッフ身長 152cm

 

araara オックスクロップドワイドパンツ

 

 

IMG_3944.jpg

 

IMG_3989.jpg

theory luxe(セオリーリュクス) Extra Light Poplin Jolli

32,000円+税

綿 100%

手洗い可

胸囲 110cm、着丈 80~84cm、裄丈 78.5cm

size 40

color WHITE

スタッフ身長 152cm

 

 

IMG_4220.jpg

 

IMG_4200.jpg

theory luxe(セオリーリュクス) Extra Light Poplin Jolli

32,000円+税

綿 100%

手洗い可

胸囲 110cm、着丈 80~84cm、裄丈 78.5cm

size 40

color AZURE

スタッフ身長 152cm

 

Theory Eco Crunch Wash Treeca Pull On

 

 

 

IMG_4450.jpg

 

同じデザインのお素材違いバージョン。

 

美しい光沢とドレープ感のあるポリエステルを使用。

とろんとしていてシワになりにくい、私の大好きな素材感です。

 

大人向けなシックな小花柄プリントも印象的。

同色を合わせてモノトーンでコーディネートしたり、

デニムでカジュアルダウンしたりも素敵かと思います。

 

とろっとしているので秋に向けても良いかも。

Theoryのクレープのパンツを何本も持っているので、

(マニアックですみませんわかる人がわかれば良いや)

それに合わせて、ちょっとインして着たいですなぁ。

 

IMG_4472.jpg

 

IMG_4485.jpg

theory luxe(セオリーリュクス) Summer Flower Print Jolli

38,000円+税

ポリエステル 100%

手洗い可

胸囲 110cm、着丈 79~83cm、裄丈 78cm

size 38

color BLACK

スタッフ身長 152cm

 

 

コットンのポプリン素材も、ポリエステルのドレープ素材も、

どちらもご自宅でお手入れできます!!

ここ大事なとこですね。

 

シャツって、良いですよね・・・

なんとなく良い女風、できる女風を醸し出せます。

個人的に、エアコンの風がとってもとっても苦手なので、

襟があって、首と肩を覆ってくれる夏のシャツはとっても重宝します。

袖の長さもまくって調節できるし本当に助かる。

オシャレと実用性が見事にマッチしているのです。

1枚でさらっと着るのが好きです。今年の夏も何か買いたいなぁ。

 

 

 

詳しいお問い合わせはこちら
      ↓↓↓
yamaroku@inacatv.ne.jp
TEL 0265-78-6600
FAX 0265-78-7809
定休日:水曜日

オンラインストア:YAMAROKU STORE ONLINE
instagram : yamaroku_new_arrival instagram

 

 

最近読んだ本。

 

 

ご気分害された方、大変失礼しました。

このままそっと画面を閉じてください。

 

今から10年前に書かれたとは思えない本。

予言者かな?

もちろん物語チックで大げさなところが多々あるんだけど、

リンクする部分もあり、どんどん読んじゃいました。

 

最近、本はもっぱらオットのお母さまが貸してくれます。

めちゃくちゃ読書家なお義母さま、

私の実妹もめちゃくちゃ読書家なのですが、

なぜかこの2人の本の好みがピッタリで

(変に偏ってるとこがピッタリなんだけど)

私を通して2人で本を勧めあっていたりもしています。

(私は通過点のような感じ)

 

本というのは不思議なもんで、

読み始めるとまた次が読みたくなるんですよね。

活字中毒というのでしょうか。

 

一時期は図書館に通い、「あ」から順に読んでいったものです。

どこまで行ったっけ?「か」だか「く」だか・・・

全部読んでたわけじゃないけどなかなか辿り着かないんです。

また通おうかな!

 

 

北原 菜穂